腰痛体操に効果はあるのか?腰の調子を見ながら少しずつしていくと良い?


腰痛の辛さは腰痛持ちでなければ分かりません。

かくいう私も20代後半で腰痛持ちとなり、一応治ったものの、体が冷えたり体調が悪くなったりすると、じわじわとまた腰痛が忍び寄ってきます。

私が腰痛になったきっかけは、靴です。

スポンサードリンク

足に合わない靴をずっと履き続けていたのが、悪かったのだと思います。

今更ながら、悔やまれます。

しかしながら、なってしまった以上、腰痛と上手く付き合っていくしかありません。

私はじわじわと腰痛が来ると、腰痛体操をします。

腰痛に初めてなった時からの習慣です。

私がしている腰痛体操は、まず顔を天井の方に向けて体をまっすぐにして横たわります。

それから両手を肩のラインまで上げ、体で十字架のような形を作ります。

スポンサードリンク

それから、上半身と片足はそのままに、片方の足をひざは曲げた状態で直角に上げて、上げた足とは反対側にゆっくり倒し、痛気持ちいい状態を数秒維持します。

これを右足からだったら、右、左、右、左と繰り返します。

そうすると、ずいぶん楽になります。

我が家は私だけでなく、夫も腰痛持ちですが、彼も効果ありだと言います。

ちなみに、彼は、最初のうちは痛くて足を45度くらいまでしか上げることができませんでした。

それでも私がその状態のまま、ねじりを助ける形でゆっくりと反対側に倒すのを手伝うと、楽になると言います。

とはいえ、家でする腰痛体操は、素人がすることなので無理は厳禁です。

少しずつ、腰の調子と相談しながらすることが肝心です。

また、腰痛は思わぬ病気がその痛みを引き起こしている場合があります。

ですから、原因が思いつかないのに急に痛み出したり、痛みがいつまでも続いているようなら、迷わず病院に行かれることをお勧めします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です