立ち仕事の腰痛は病院へ!迅速対応が命と実感した体験


七年前くらい、接客業で立ちっぱなしの生活でした。

商品のお買い上げがあると「ありがとうございました」と頭をさげるので同じ姿勢での行動がかなりあります。

バーゲンの時期になるとさらに増えるこの姿勢。

スポンサードリンク

私はヒールの靴は苦手なのですが、仕事上ペタンコでは格好がつかないので5センチほどのものを履いています。

ちょうど夏物バーゲンの頃、安くいいものが手にはいるとあってお客様が一日途切れなくいらっしゃいます。

店員である私は走り回りペコペコ頭を何度もさげる作業が続きました。

バーゲン二日目にして腰が痛い…。

まあこのくらいは腹巻きなどで冷やさないようにすれば自然に治るかな、シフトもバーゲンシフトのため、残り9連勤予定だし、と甘くみていました。

スポンサードリンク

日々響くような痛みの中のお仕事…。

地獄でした。

結局5連勤目にして立ちっぱなしは無理、と休みをとって、整形のある病院へ。

医師の話だと姿勢の問題だし疲労も気になります。

病院で出すコルセットをつけて、湿布をして、同じ姿勢にならないように気を付けてください、毎日電気治療には通ってくださいね。

内心「そんな~!今稼ぎ時なのに!」でも最後の医師の殺し文句が効きました。

「今無理するとこの先仕事が出来なくなるかもよ」この一言で素直にお仕事10日間お休みさせてくださいと言う勇気がでました。

歩合制のお仕事にとって10日間の休みはかなり痛手ですが、休みました。

そして毎日体の中心から暖めると説明があったホットパックと電気治療に通い、コルセットさえあれば痛みを感じなくて済むように。

やっと仕事に復帰です。

今も冷やしは厳禁と腹巻きは離しませんが、再発なく仕事してます。

思い返せば早めに整形の病院を受診して良かったと思います。

あの時へっちゃらと無理をしていたらと思うとぞっとします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です