ゴルフの腰痛を治療する?痛みの原因と改善点とは?

20150412
ゴルフを長年している人にとって腰痛は切っても切れない関係だと思います。

若い頃なら良いのですが歳をとるにつれて、体に疲労が溜まりやすくなるので腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。

なぜゴルフをしていると腰痛になってしまうのか疑問に思っている人もいると思うのでご説明します。

スポンサードリンク

ゴルフで腰を痛める理由


まずゴルフスイングはかなり腰に負担がかかってしまいます。

ゴルフスイングをしているときの場面を思い出してみてください。

打ち出す時に腰を大きく捻ると思いますがそれが1番の原因です。

その動作は1度や2度なら何の問題もないのですが回数を重ねるにつれどんどん腰にダメージが蓄積されます。

ただこれはゴルフをやっている限りどうしようもないことです。

それともう一つの原因は片側の筋肉だけを使うという点です。

右利きの人は右から左に向けて腰を捻り、逆に左利きの人は左から右にかけて腰をひねると思います。

この動作を左右対象同じ回数行うなら問題は無いのですが片方だけの動作しかしないので使う筋肉の疲労度が左右で変わり、体全体のバランスを崩してしまいます。

簡単に言うと体が歪むということです。

スポンサードリンク

ただ見ただけではわからないほど少しの体の歪みでも、その状態を改善せずに長期間をほかっておくと慢性的な腰痛になってしまいます。

ゴルフによる腰痛を改善するには

まずはゴルフをプレイする前に入念にストレッチを行ってください。

当たり前のことですがストレッチや準備体操を行わずに急にゴルフスイングのような力の入った動作をすると腰に大きな負担がかかります。

夏場はまだいいですが冬場になると寒さで筋肉は硬直するので余計にほぐす必要があります。

あとストレッチはゴルフをプレイする前だけではなくプレイ中や終わった後にも入念に行ってください。

ゴルフが出来ないほどの腰痛の場合は


一度接骨院やカイロプラクティックに治療に行ってみて下さい。

腰痛の原因が筋肉の疲労であるならば少しの間ゴルフを控えていれば自然と腰痛は治っていきます。

しかし腰痛の原因が疲労ではなく骨盤のずれや体の歪みから来てるのであれば放置しておいても治ることはありません

なので先程言った接骨院やカイロプラクティックに行くことでその体の歪みを治してもらうことが可能です。

私もゴルフで腰痛を患ったことがあるのですがその際カイロプラクティックに2回行っただけですっかりと痛みは無くなりました。

なので現時点で腰痛がひどいという方は1度行ってみて下さい。 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です