ぎっくり腰の治療を体験してわかったこと


ある日、中腰で作業をしていたら、腰のあたりからビシッという音がしました。

実際には音がするというより、そんな感触が腰のあたりでしました。

その日は腰の辺りがじんわり痛くて、たとえるならちょっと強めの筋肉痛です。

スポンサードリンク

やってしまった、ぎっくり腰!


「腰を痛めたかなぁ」程度の気持ちでしたが、まさかそれが1ヶ月近くも続く激痛の始まりとは想像もできませんでした。

本格的な腰痛は次の日から始まりました。

朝起きるときに、腰痛で満足に起き上がれません

近くのイスや柱につかまってようやく立てたほど。

この時点でさすがにおかしいと思いましたが、まだ動ける状態だったので、その日は普通に過ごしました。

翌日になり、もう寝床から一人で立つことができません

腰痛というより腰激痛です。

妻に支えられてようやく立ち上がりました。

でも立っているだけで腰に激痛が走ります。

さすがに非常事態だと思い、その日は有給を取り近くの整骨院へ行きました。

診断結果はいわゆるぎっくり腰

それも重度の状態と診断されました。

先生から聞きましたが一口にぎっくり腰と言っても、いろいろと症状があるそうです。

自分の場合は、腰辺りの筋の断裂といわれました。

断裂の原因としては、身体が固いせいといわれました。

身体が硬いから、腰に負担がかかり一定以上の負担がかかったため、筋が断裂したそうです。

原因を聞き納得です。

スポンサードリンク

整骨院での治療開始!


確かに自分は身体が固い。

実際に整骨院で治療を開始しましたが、やることと言えば下半身を中心としたマッサージストレッチだけ。

「針治療はダメですか」とたずねたところ「一時的な治療にしかならない」と言われました。

根本的に腰痛を治すには、凝り固まった身体をほぐす必要があるそうです。

マッサージやストレッチですが、これで十分な治療になると説明されました。

ただし、本格的に治療に専念するため、2週間ほど仕事は休んだほうが良いと言われました。

最初の1週間は集中的に治療をしたせいか、数日もすると自分で立てるようになりました。

大失敗、再び腰を悪化!

調子に乗ってしまい、さっそく先生との約束を破って仕事へ向かいました。

これが大失敗です。せっかく良くなってきた腰が、最悪なことにまた悪くなってしまったのです。

次の日に慌てて先生のもとへ向かいました。

「直す気がないんですか!?」と怒られ返す言葉もありません。

またイチから治療をしなおしです。

それから2週間、最初の治療から約3週間

ようやく腰の状態が元に戻ってきました。

まだコルセットをつけていないと、腰が痛みますが日常生活では問題なく動けるように回復しました。

先生からは「治療はこれで終わりではありません。日々のストレッチを忘れないでください」と言われてようやく整骨院から卒業です。

まとめ

今では腰痛はまったくありません。

腰痛の原因を少しでも解消するため、日々のストレッチを欠かさず、自分自身で腰のケアに努めています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です