腰痛はお尻の痛みから始まる?整形外科で注射や電気治療をしたが?


私の腰痛の始まりは、片方のお尻の痛みからでした。

なぜだか片方のお尻が筋肉痛のような変な痛みが続き、徐々に痛みが増してきました。

お尻に湿布を貼って寝る生活が続いたのですが、ある朝起きると腰までが痛くなっていました。

スポンサードリンク

たいした動きでもないのに痛みが走り、最後は車に乗ろうとしているのに足が上がらなくて乗れない状態になり、近くの整形外科を受診しました。

レントゲンの結果、椎間板ヘルニアだろうと診断されました。

お尻の痛みは腰痛の始まりだと教えてもらいました。

それから、3日間は痛み止めの注射に通い電気をあてたりしました。

もちろん飲み薬も飲みながらの通院でした。

1ヶ月くらい通院すると始めの痛みよりは良くなり、なんとか日常生活を送れるレベルでした。

スポンサードリンク

それでもやはり、ふとした瞬間に痛みが走り、辛くてかなりストレスが溜まりました。

半年くらい経つとなかなか良くならない状況に段々嫌気がさしてきて、治すのに何かいい方法はないかと、知人に聞きまわり整骨院を受診してみました。

評判は良いとの事だったのですが、普通にマッサージの後に電気をあてるというものでした。

翌日、はりかえしもあってか余計に痛くなってしまいがっかりでした。

1年くらい経ったころ、整形外科に通い続けても相変わらずで変化を求めて今度は整体へ行きました。

脚の長さが違うとか、首の骨がずれているとか、骨盤がゆがんでいるとか色々と指摘されました。

そして先生に施術してもらうと、なんだかとても体が軽くなっていました。

本当にびっくりしました。

腰の痛みも随分軽くなり、階段の登り降りも苦ではなくなるくらいになりました。

それでも、そのダメな状態で長く生活していたので必ずまたずれてくると言う事で、定期的に半年くらい通いました。

それからもう1年経ちますが、たまに腰痛になる程度で問題なく生活出来ています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です