腰痛の人は自転車と歩きのどっちが腰に優しい?サドルは腰を痛めやすい?


経験した人なら誰もが理解できる辛さ、それが腰痛です。

苦しんでいる人は身近なところにも結構いるはずです。

腰痛持ちの人も当然、通学や通勤をしたり、買い物に行ったり、どこかへ外出する機会はたくさんあります。

スポンサードリンク

外出するときには歩きで行きますか?

それとも自転車を使いますか?

いったいどちらが腰に優しいのかとても気になりますね。

人間の腰は仙骨という骨で上半身の体重を支えています。

その仙骨を腸骨で両サイドから挟み込んでいます。

このバランスが体重を支える上でものすごく大事です。

自転車は、ご存知の通りサドルにまたがって乗ります。

このサドルが人間の腰のバランスを壊してしまうことがあります。

スポンサードリンク

長時間サドルにまたがっていると、恥骨結合という軟骨のやわらかい部分を圧迫して、腸骨と仙骨の挟み込みのバランスを崩していきます。

長期にわたってダメージを受けると、結果として腰を痛めることになるわけです。

以上のことから、長時間自転車に乗っていると人間の体重を支える骨や関節のバランスを壊すことになりかねないので、注意が必要です。

近所への外出なら歩きの方がおすすめです。

自転車に乗る必要があるときは以下の点に注意してみてください。

ずっと前傾姿勢をとっていると腰への負担が増すので、自転車に乗る際にはママチャリの方が無難といえます。

サドルの位置は、高過ぎず低過ぎないようにすることが重要です。

ペダルを踏んで一番下まで下ろした時に、膝が少し曲がるくらいが目安になります。

ちょうどいいサドルの位置にして自転車に乗りましょう。

また、普段ほとんど自転車に乗っていない方の場合、いきなり長距離を自転車で走行するのは避けましょう。

自転車と歩きなら、歩きの方が良さそうですね。

自転車に乗る際は腰に負担がかかりすぎないように、注意して利用してみてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です