ぎっくり腰はハイボルト治療で良くなる?1週間続けて驚きの結果に!


私はもともと腰痛とは無縁の生活でした。

しかし、妊娠8ヶ月頃から痛いと感じるようになったのですが、特に何もすることなく過ごしていました。

そして出産後の慌ただしい生活の中、骨盤矯正等にも行かないとなぁと思いつつ放ったらかしにしていたら、子供を抱き上げた瞬間ついに電気が走る程の痛みを感じ、そのまま膝から崩れ落ちて立てなくなりました。

スポンサードリンク

やっとの思いで整形外科へたどり着き、レントゲンでも撮るのかと思いきや、いきなりマッサージをされました。

全身を20分ほどほぐして、その後に特に痛い腰とお尻に電気を10分あててその日は終わりました。

次の日から毎日1週間連続でマッサージ+電気を繰り返し、何とか歩けるようになりました。

その後も治療を続けたら良かったのですが、子育てに追われる中歩けるようになったから良いかと治療を辞めてしまいました。

スポンサードリンク

そして約1ヶ月後、またしても電気が走り、悪夢再びとなりました。

次は整骨院に行きました。

そこは産後骨盤矯正もあって、しっかり治そうと決めたからです。

まず始めに電気の注射と呼ばれているハイボルトと呼ばれる治療をしました。

痛ければ痛いほど効いていると言うので、我慢出来るところまで我慢しました。

6ヶ所電気の注射をされましたが、効果はあまり感じられませんでした。

その後、6回繰り返したのにあまり効果はなく、何か他の病気の可能性があるのではないかと心配になったのですが、1週間ハイボルト治療をした後、嘘のようにサクサクと歩けるようになったのです。

先生曰く、体内のミトコンドリアがハイボルト治療によってものすごく増えたおかげで回復力が上がったからではないか、との事でした。

その後インナーマッスルを鍛える楽トレという治療も始めて今3ヶ月になりますが、ぎっくり腰になる気配は全く感じられず、それどころか疲れにくくなり、体温も上がり、冷え性が治りました。

腰を強化することによって冷え性、頭痛が治り、基礎代謝が上がりました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です