腰痛の原因に骨粗鬆症がある?10代の時に体験した痛みや対策は?


まだ10代の頃のことです。

何の前触れもなく、目が覚めると腰に差し込むような激痛が走りました。

それまで腰痛を経験したことがなかったので、ビックリしたことを覚えています。

スポンサードリンク

何とか起き上がり両親に相談して、すぐに総合病院に行きました。

突っ張るような痛みがあり、歩くことも大変でした。

まるで腰が石になったようで、いびつにしか歩けず、待ち時間が長くて地獄のような時間でした。

整形外科でCTを撮ると、「特に異常なし」で、「ただの腰痛だから帰っていいよ」との診断でした。

母の支えなしでは歩けないような状態だったので、その診断には驚きました。

スポンサードリンク

母が「ただの腰痛でも歩けないんじゃ困ります」と粘ると痛み止めの内服薬と湿布が出て、「しばらくは安静にするように」と言われました。

2~3日すると、徐々に快方に向かいました。

それまでは痛み止めを服用し、ただひたすら布団の中で耐えていました。

一時的なものだったのかなと思い安心した矢先、また腰痛が発生し、起き上がれないようになる日が頻発するようになりました。

さすがにおかしい!と思い、風邪をひいた時についでに腰痛を聞いてみると、内科の先生が骨粗鬆症じゃないか?

と検査をするように勧めてくれました。

実は家系的に骨粗鬆症になりやすいということを知り、またステロイドを服用していた期間があったので、すぐに検査をしました。

結果は、やはり「少し骨が薄くなっている」とのことで、骨粗鬆症薬を飲み始めました。

また適度な運動を勧められ、よく腰回りを動かすように気を付けるようになりました。

そのお陰か、今は腰痛はめったに起きなくなりました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です