腰痛を和らげる寝方で産後に良いのは?膝の下にタオルなどを入れると良い?


産後の母親によく起こる「腰痛」は、育児をしていく中で本当に辛いものです。

産後すぐは骨盤がまだゆるい(ゆがんでいる)状態となっており、グラグラと安定しません。

体重を支えるための筋肉も衰えているので、負担が腰部に集中し、腰痛が生じてしまいます。

スポンサードリンク

この腰痛を少しでも和らげるためには、適切な寝方と筋力トレーニングが大切です。

赤ちゃんが入っていたお腹を支えるために、腰は反った姿勢となってしまっています。

そのまま仰向けで寝てしまうと腰の反りが強まってしまうことがあるので、膝の下にクッションやタオルを入れて、腰のカーブを少しでも和らげるようにしましょう。

また、横向きで寝る際にも、脇腹のところにタオルやクッションを入れましょう。

スポンサードリンク

産後すぐは脊柱をまっすぐに保たせる筋肉も全体的に弱くなっているので、横向きでねじれの力が加わると、腰痛が増強することがあります。

どうしても痛みが強いようなときには、ウエストニッパー(骨盤ベルト)を活用し、骨盤を固定させましょう。

骨盤を元の位置に戻しやすくし、弱くなった筋肉の代わりに体重を支える力もサポートしてくれるので、腰痛が改善されやすくなります。

産後の体が落ち着いてきたら、筋力トレーニングを始めましょう。

長くベルトに頼っていると、逆に筋肉を使わなくてもよくなってしまうため、ベルトなしでは支えられない状態になってしまいます。

おすすめのトレーニングとしては、Cat & Dogというものがあります。

四つ這いで頭を下げ、お腹をぐーっと凹ませて背中を丸めます。

今度はそこから背中を反らせるようにゆっくりと伸ばしていきます。

これを繰り返すことで、腹部の筋肉を鍛え、腰痛を緩和させることができます。

またボディラインの調整にも役立ちます。

ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です