腰痛ベルトで育児中の人向けのものは?背中全体をサポートするタイプが良い?


育児中の方、特に乳幼児がおられる方は、腰痛に悩まされることが多いでしょう。

そんな方にオススメの腰痛ベルトをお教えようと思いますが、その前に、なぜ育児中の人は腰痛に悩まされるのでしょうか?

多くの人が当てはまる2つのポイントがあります。

スポンサードリンク

1つ目のポイントは、特に授乳中となると、母乳、ミルクに関わらず前かがみなると思います。

その姿勢が多くなると、いわゆる猫背となり背中を引っ張る形となります。

猫背は肩こりだけでなく腰痛も生み出してしまうのです。

2つ目のポイントは、抱っこをするときに多くの人が腰を前に突き出した様な姿勢になります。

お腹で子供を支える様な体勢になり、抱っこした時に楽そうですが、長い時間となると腰にかなりの負担をかけてしまいます。

スポンサードリンク

この2つのポイントが合わさると、腰はすごく反った状態(縮こまった)で、肩周りは丸くなった状態(伸びきった)姿勢になり、縮こまった部分と伸びきった部分で引っ張り合いになり背中全体に大きな負担がかかってきます。

これが育児中の人に見られる腰痛の原因です。

この2つのポイントを押さえてくれる腰痛ベルトは、背中全体をサポートしてくれるタイプです。

商品名だと腰痛ベルトではなく、姿勢矯正ベルトや猫背矯正ベルトになります。

このタイプだったら上半身全体をサポートしてくれているので、育児中でもズレたりせず使えます。

育児中は家事、育児と動くことも多いので、ズレにくいものというのもポイントになりますね。

もう一つオススメするのが、骨盤をサポートしてくれるタイプのスパッツです。

産後は特に骨盤周辺が不安定なので、サポートスパッツで補助しておくのがオススメです。

スパッツならお出かけする時の着替えも楽なのでオススメです。

サポート力としては強めのものが良いでしょう。

自分の腰痛タイプ、生活スタイルに合わせて腰痛ベルトを選んでみてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です