腰痛ベルトの使い方は?通気性の良くずれにくい物をきつめに巻くと良い?


腰の痛みというのは本当に辛いもので、なんとかその痛みを改善する方法はないかと考えることでしょう。

そんな腰痛を緩和する対策のひとつに腰痛ベルトがあります。

骨盤ベルトとも言われるそれは、腰に付けるだけで背中の筋肉や筋を支えてくれる腰痛持ちの心強い味方です。

スポンサードリンク

腰痛を完治することはできませんが、痛みを緩和したり、力仕事を行う際の腰痛予防などに効果があります。

しかし、そんな腰痛ベルトも使い方を間違えてしまうと意味がなくなってしまうため、正しい装着方法を知っておく必要があるでしょう。

まず、腰痛ベルトの選び方ですが、汗をかいてかぶれてしまう可能性もあることから通気性の良い物が望ましいです。

ずれてしまっては効果がないのでずれにくいもの、例えば二段階に留めることができるようなものだと安心です。

スポンサードリンク

病院などで作ることが出来る医療用のものは腰痛コルセットと呼ばれており、自分に合ったものを選んでもらえます。

しかし、市販のベルトを買うときには症状や部位によって自分で選ぶ必要があるため、しっかりと自分の腰痛について知っておく必要があるかもしれません。

使い方ですが、痛む場所によって付ける位置が異なります。

痛む箇所が広範囲でよく分からないといったときには、二段式のものだと広くカバーできるので良いかもしれません。

どの箇所につける際にも言えることですが、お腹が圧迫されて苦しいから緩めにつけるなんて事をしていては意味がありません。

多少苦しくてもきつく巻かなければならないのです。

しかし、きつすぎて体調を崩してしまったら困るので、そのあたりの見極めは大切です。

腰痛ベルトをしていると楽だからといってずっとしていると、体がベルトに頼りきってしまい筋肉が衰える可能性もあります。

あくまで一時的な利用に留め、根本から腰痛の解消に臨みたいものですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です