腰痛コルセットは巻き方もタイプも色々、ヘルニア歴10年の遍歴。

20150327

私は十年ほど、椎間板ヘルニアを患っています。

最初は腰が痛いなあと、単なる腰痛だと思っていました。

それがある日、部屋に掃除機をかけていたら「ぐきっ」という音が聞こえ全く動けなくなってしまいました。

立っても座っても寝転んでも痛いのです。

痛くて涙が出て、だんだん足先までしびれてきて、どうしようもなくなって整形外科に走りました。

スポンサードリンク

その時にはぎっくり腰と言われ、湿布と鎮痛剤を処方していただき、コルセットを購入して固定する様にと言われました

コルセットを購入して固定し、数日で痛みはなくなりました

Camomile flowers in hand
ドラッグストアで、マジック式で固定するコルセットを購入して固定し、数日で痛みはなくなりました。

何度か使用するうちに呼吸をするとマジック部分が取れてくるようになってしまったので、新しいのを購入することにしました。

次に購入したのは、同じようにマジック式ではありますが、コルセットの生地自体が伸縮式になっているものでした。

これは生地が伸縮するので締め付け感はさほど感じず、でもしっかりと固定してくれるのでよかったのですが、引っ張りながら装着するので一人で装着することが難しかったです。

洗濯機で洗ってしまったため、生地が破れてしまい、使えなくなってしまいました。

スポンサードリンク

3番目に購入したのは、磁気の板が中に入ったものでした。

この磁気板はコルセットについているポケットに入れて使うので洗濯の時も取り外しができ、取り扱いがしやすかったです。

そして、今、使っているのはマジック式なのですが、コルセットを止めるマジックベルトと、微調整できるマジックがついたものです。

巻き方はまず、大きいマジックでコルセットを止めておいて、両脇についているゴムの部分を引っ張って止めるというものです。

ゴムはもちろん伸縮しますが、コルセット自体も伸縮する生地で、何よりこのコルセットの良いところは後ろにあたる部分がメッシュ生地になっていることです。

メッシュ生地になっているので汗で蒸れてかゆくなるということがとても減りました。

また、2段階で固定できるので微妙な締め具合も調節でき、とても良いです。

コルセットをしてやり過ごしています

0327
このぎっくり腰ですが、何度目かの通院の時にMRI検査を勧められ、検査で椎間板ヘルニアと言われました。

今も、時々腰痛が出ると購入したコルセットをしてやり過ごしています。

強い腰痛が出たときは整骨院で、電気治療やリハビリを受けたりもします。

この十年で、腰痛が出そうな時がなんとなくわかるようになってきましたので、出そうなときは前もってコルセットで固定して未然に防いだり、塗り薬を塗ったりしてなるべく腰痛が出ないように気を付けています。

また、中腰でものを持ち上げず、膝を使って持ち上げるようにも心がけています。

これから先もなるべく腰痛を出さないように、痛みが出てしまったときはなるべく早くコルセットなどで対処しながら上手に腰痛と付き合っていこうと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です