ヘルニアは完治可能?潰れた椎間板を切り取りブロック注射で完治できる?


今や日本人の国民病ともいえる腰痛ですが、腰痛にも色々な種類があります。

体を反らすと痛くなる分離症、ものを持ち上げようとしたらグキッとやってしまうぎっくり腰(筋膜性腰痛)、腿の裏側がビリビリとしびれるような痛みを伴う椎間板ヘルニアなどがあります。

特に、椎間板ヘルニアは高齢の方になると6割ほどの方が経験するといわれています。

スポンサードリンク

そのような椎間板ヘルニアは完治できるのでしょうか。

そもそも、椎間板ヘルニアとはどのような病気かについて説明します。

人間には体の体重を支えるために背骨と背骨の間に椎間板というクッションが存在しています。

この椎間板は若いうちはたくさんの水分を含んでおり、十分な弾力性を保っています。

しかし、加齢に伴って椎間板の水分は失われ、弾力性も一緒に失われてしまいます。

スポンサードリンク

弾力性の失われた椎間板は、人体の体重を支えることができなくなってしまい潰れてしまうのですが、椎間板が潰れてしまった際に背骨を通っている神経を圧迫してしまいます。

そのため、椎間板ヘルニアでは腰の痛みとともに腿のしびれを併発します。

さて、潰れてしまった椎間板は残念ながら修復されることはありません。

ですので、自然に治療をしようとしても、なかなか完治することは難しいことが多いです。

しかし、きちんとした治療をすれば、腰の痛みはほぼ0に完治することが可能です。

治療には幾つか方法があります。

潰れた椎間板を切り取って取り出してしまう手術や神経の痛みを和らげるブロック注射などを行うことで、完治をすることは可能になります。

また、自宅でお風呂にゆっくりと浸かって体を温めたり、正しいストレッチを行うことで痛みを抑えることが可能です。

しかし、一度椎間板ヘルニアになってしまった人は、再発をしやすい傾向も報告されています。

そこで、完治をしても再発を防止するために、適度な運動やストレッチ、腰痛体操などをして、ヘルニアの再発を防ぐようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です