腰痛ベルトの正しい知識と使い方とは?腰痛の予防や軽減させるために使おう


「腰痛があるから腰痛ベルトを購入して、腰痛を治したい」や「腰痛ベルトをずっとつけていれば、そのうち腰痛は治るはず」など、腰痛に腰痛ベルトは効果があると思っている人は多いと思います。

確かに、腰痛持ちの人や腰痛がある人にとって、腰痛ベルトは使わないより使った方が腰痛が楽になりますが、間違った使い方をしてしまうと大変なことになってしまうので、腰痛ベルトの正しい知識と使い方を知ることが大切です。

腰痛ベルトは、ドラッグストアや衣料品店、インターネットなどで手軽に購入することができます。

スポンサードリンク

種類も色々とあり、ゴム製のものや幅の広いもの、ソフトなタイプやしっかり腰を固定するタイプのものなど種類も豊富です。

スポンサードリンク

腰痛ベルトは腰痛になったときに使うものだと思っている人も多いようですが、腰痛の予防に使うこともできます。

例えば、仕事で重い物を持ったり腰を酷使してしまう仕事をする前に腰痛ベルトを腰に巻くと、腰痛の予防になります。

では、ずっと腰痛ベルトを付けていたら腰痛が治るのではないかと思うかもしれませんが、そうではないのです。

腰痛ベルトは腰痛を治すものではなく、あくまでも腰痛を軽減したり腰痛を予防するために使うもので、腰痛を治してくれるというわけではないのです。

そして、腰痛ベルトはずっとつけていると良いというものではないのです。

なぜかというと、腰痛ベルトをずっとつけていると腰の骨の周りの筋肉が弱くなり、腰の骨をしっかり支えていないといけない筋肉が弱くなることで、さらに腰痛が起きてしまうのです。

腰痛ベルトは、あくまでも腰痛の予防や腰痛を軽減させるために使うものなので、腰痛ベルトの正しい知識をつけて正しく使いましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です