ぎっくり腰になり接骨院へ。寝るのも辛い腰痛がサラシで…?


ぎっくり腰になった時に車を運転をする事もままならず、直立の状態が一番楽という感じで、家から徒歩1分くらいの所にある接骨院にすがる思いで行きました。

まずは先生に問診してもらい診療にうつり、電気を当て、腰の牽引をして、その後に温罨法をしました。

最後に先生のマッサージをしてもらい、湿布と腰にサラシを巻いて固定するように言われました。

スポンサードリンク

腰が痛い時はサラシで固定すると治りが早いそうです。

接骨院なので、特に飲み薬や湿布などが処方されるわけではありませんでした。

スポンサードリンク

日中ずっとサラシで固定していたのですが、トイレに行ったりするとサラシがズレてきて、サラシが緩んでズレるだけで痛み具合が全然違うので、自分で直しても緩みが酷い時は接骨院に行き、先生にサラシを巻き直してもらいに行くこともしていました。

一日おきに一週間通い、寝る態勢をとるにも激痛でものすごく時間がかかるくらいだったのに、3回目の診察の時にはほとんど我慢できるくらいの痛みまで引いていました。

どうやら腰の部分の骨のところが炎症を起こして痛みになってしまっていたようで、先生にマッサージしてもらうとすごく楽になるし、何より家から近くだったので、痛みに耐えながらも自分で通えたのが本当に助かりました。

腰はちょうど身体の中心なので、痛みが出ると身体を動かす動作1つ1つにこんなにも不具合が出るのかと思い知らされました。

腰の痛みは我慢せずに早めに適切な治療を行うと治りも早いと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です