原因不明の腰痛はいつ痛くなるかわからない、そんな恐怖に怯えてます

これまでの腰痛と言えば…

大学生の頃、一時期寝相がすごく悪くて・・・気がついたら腰痛持ちになっていました。

一度痛くなってしまうと身動きがとれなくなるほどで、自宅のトイレで「水を流すだけの動作」に30分以上時間がかかったことがあるほどです(水を流す時って身体を自然によじるんですね。腰が痛いとその動作ができないのです。)。

その後、肉体労働系の仕事に就いた時には年に数回、腰痛を起こしていました。

スポンサードリンク

病院に行くと牽引してもらったり、接骨院に行くと電気を流してもらったり、で一応治るんですが、長い時で大体1週間くらい治るまでにかかっていました。

でもその当時の腰痛はきちんと完治を感じることができていたのです。

その後に起こった、治らない腰痛!


まさかその後、治らない腰痛に見舞われるなんて・・・その時は想像もしていませんでした。

その「治らない腰痛」になったきっかけはおそらく長時間のデスクワークでした。

1日およそ7時間程度、ずっと椅子に座ったままの作業を5年ほど続けた頃、ある日突然腰が痛くなりました。

痛くなりかけた頃、ストレッチすると治ることが多かったので、その時もストレッチをしたのですが・・・いっこうによくならずで。

しかも、いつもだったら長くても1週間程度で治るはずの腰痛が治らなくて。

さすがに不安になり、同僚にいい整形外科はないかと聞いてみました。

スポンサードリンク

そこで紹介してもらった整形外科に行き、レントゲンを撮り、MRIも撮り・・・診察も受けましたが、原因がわかりませんでした。

診断結果は原因不明の腰痛です。

原因不明なのでもらったものはただの「湿布」

診察料はMRIをやったのでものすごく高くて悲しい気持ちになりました。

いつ襲ってくる分からない激痛の恐怖に怯える毎日


その後も「ものすごく痛い」→「痛い」→「やや痛い」のエンドレスループで腰痛はなくなることがありません

仕事を辞めて何年も経った今でもお尻の辺りがしびれたり、腰が重い感じがしたり。

完治することはなかなかなさそうな感じです。

妊娠中(高齢出産です)に腰痛がひどくならなかったのだけが一応救いと言えば救いでしたが・・・赤ちゃんを抱っこする時も毎日ヒヤヒヤで。

心が休まる時がありません

腰が痛くなると身体全体を動かすことが難しくなりますし、赤ちゃんがいる今となっては、ママである私がずっと寝ているわけにはいきません。

私の場合は夫が不在のことが多いので、なおさら「寝込む」ことができないのです。

もしこの腰痛が良くなる病院があるのであれば・・・遠くであってもいいので通いたいです。

原因不明であるからこそ、いつ痛くなるかわからないので。

毎日が恐怖でいっぱいです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です