腰痛によるコルセットのつけ方のポイントとは?肌着の上から下腹部分に巻き、ズレた時には締め直すこと

20150625
腰痛の時にコルセットを巻く事は痛みを緩和させる上でも効果的であり、コルセットは腰に巻くイメージを持っている方が多いですが、腰痛によるコルセットのつけ方では下腹に巻くという感覚が必要だと言えます。

腰痛と言っても様々な症状や原因があり、捻挫やぎっくり腰、中腰の姿勢によって痛めてしまうことや慢性の腰痛等がありますが、いずれにしても原因の大半は筋肉であり、体の使い方や動かし方によって問題が生じる事で腰に痛みが来るという事が殆どです。

体を間違った方法で使っていると骨格に歪みが生じる事になり、歪んだ姿勢のままで色々な行動をとっていると終始体に負担がかかっていて、やがて痛みとして表面化してくるという事になります。

スポンサードリンク

コルセットも間違った使い方をしてしまうと効果が無いですし、腰痛によるコルセットのつけ方を知った上で使う事が望ましいです。

腰痛ベルトやコルセットは直接肌につけるとかぶれてしまうリスクもあり、コルセットは長時間付けるものですから注意が必要になります。

スポンサードリンク

肌着を来た上にコルセットを装着する事が必要であり、コルセットは後ろから回してベルトの中心の太くなっている箇所が腰にくるようにして巻きます。

ベルトの高さがポイントになりますが、骨盤部分を高さの半分以上を使って覆って、残りの部分が腹部にかかってくるように高さを調整させます。

これによって骨盤固定によって腰の動きを抑える事が出来ますし、下腹部分の圧迫によって横隔膜を使う事になります。

ベルト装着で締める時にはウェスト部分を細くするような形でお腹をへこませて、背伸びをしながらコルセットを前面で締める事がポイントです。

基本的に真横で締めると隙間が発生するのですが、体型によっては真横で締める事もあり、くびれのない体型の方は真横で締める方法をとります。

ガッチリと固定されるように締める事が必要であり、動きにくくて苦しいからと緩く付けてしまっては腰を保護する為の役割を果たせないですから、初装着時にはきついと感じてもしっかりと締めて活用する事です。

どうしても動いているとズレてきますから、その時はきちんと締め直すと良いですし、面倒ですが締め直して固定する事が望ましいです。

コルセットはあくまで痛みを緩和させて固定するものですから、コルセットだけに頼っていると根本的な解決にはならないですし、医師の指導等を受けながらコルセット無しで生活出来るように、運動等の指導も一緒に受けていく事が必要です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です