腰痛からくる足のしびれとは?解消方法としてストレッチを始めたらしびれが改善された?

20150607
慢性的に腰痛に悩んでいる人はたくさんいると思います。

特に腰痛がひどくなって左右両方の足や片方の足にしびれやムズムズとした違和感や気持ち悪さを抱えている人もたくさんいると思います。

私も昔から腰痛を抱えていますが、腰自体の痛みもそうなのですが、腰にも増して腰から足にかけてもずっとビリビリと電気が走るような痛みを抱えていて、この痛みを何とか解消することができないだろうかといつも思っていました。

スポンサードリンク

病院や整骨院、カイロプラクティックといったところで治療を受けたこともありますが、一向に良くはなりませんでした。

特に左足のしびれはひどくて、じっとしているだけでも痛くてイライラした状態がずっと続いているという状況でした。

そういった状況で何とか自分自身でこの痛みを抑えることが出来ないかと思って毎日実践するようになったのがストレッチです。

足のしびれに関しては、左足の筋の辺りがとても硬直していて、これが痛みの原因ではないかと思っていました。

ですから、筋を伸ばすようにすれば良くなるのではないかと思い、ストレッチを始めました。

スポンサードリンク

そのストレッチですが、まず両足で直立して身体を前に倒します。

前に倒すと両足の後ろ側の筋が突っ張るようになり、筋が伸びていることが実感できます。

ここですぐに起き上がるのではなく、しばらく筋が伸びた状態を維持することが大切です。

痛みがあるでしょうが、しっかりと身体を前屈させて足の後ろ側の筋を伸ばすと腰の痺れが少し楽になるのが分かります。

次に右足を前に出して、足をクロスさせます。

足をクロスさせた状態で体をまた前屈させると後ろ側に残した足の筋が伸びていることがよく分かります。

この時もすぐに身体を起こすのではなく、前屈の状態を維持してしっかりと筋を伸ばしてあげるのがポイントです。

そして足を入れ替えて左右両方の足をクロスさえて前屈をします。

この動作を繰り返していると両足の後ろ側に走っている一本の筋がとてもストレッチによりやわらかくなっているのが分かります。

また前に倒しすぎて腰が少し痛むような場合は、後ろ側へ身体を反らす体操をしてあげるとバランスよくストレッチが出来ます。

前に倒す運動ばかりしていると腰に負担が来るので、何回かに1回は反対側に反らすという運動を織り交ぜてやると、更に腰への負担が無くバランスの良いストレッチができます。

腰痛で悩んでいる方には是非おすすめなので、ぜひ一度試してみると良いと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です