腰痛に効く薬で市販のものは?湿布や塗布薬、飲み薬がある?


急に腰痛が生じた場合、まずは体を安静にして回復を待つ必要があります。

その際の応急処置として様々な薬がありますが、市販の薬でもいくらか良くなる場合があります。

ドラッグストアなどではたくさんの市販薬が置いてあります。

スポンサードリンク

自分の腰痛の程度に合わせて選択する必要があります。

まず痛みの程度が軽い場合、外用薬で様子を見てみましょう。

一般的によく用いられるのが「湿布薬・塗布薬」です。

「サリチル酸メチル」という物質を含んでいるサロンパス(久光製薬)やトクホン(大正薬品)、アンメルツ(小林製薬)などが良いでしょう。

サリチル酸メチルは湿布特有の臭いを持つ物質で、この香りだけでも痛みの軽減を実感する人もいます。

スポンサードリンク

昔から使われている湿布薬であり、比較的軽度の痛みに対して使用すると良いです。

痛みがやや強いときには、湿布・塗布薬の中でもインドメタシン、フェルビナク、ジクロフェナクナトリウムなどの成分を含んだ薬を試してみましょう。

バンテリンコーワ(興和)、フェイタス(久光製薬)、ボルタレン(ノバルティスファーマ)などがこれにあたります。

比較的即効性もある薬です。

病院には行くことができないが、すぐにでも痛みを和らげたいという場合には、飲み薬のロキソニンがあります。

飲み薬は外用薬とは違い、直接体内に取り入れるため、効果が現れるのが早いというメリットがあります。

早い人では30分程度で痛みの緩和を感じることもあります。

市販薬は手に入れやすいですが、用法用量を守って正しく使うことが原則です。

体質や持病の問題から服用してはいけない薬もあるので、心配な時には必ず薬剤師に相談しましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です