腰痛ベルトと筋力の低下の関係性は?頼り過ぎると腰の筋力が著しく低下する?


腰痛の度合いにもよりますが、あまりにも腰が痛いと腰痛ベルトを使用します。

もちろん医者からの勧めという時もあると思います。

しかし、腰痛ベルトをあまりにも頼ると筋力が低下してしまう恐れもあるのです。

スポンサードリンク

激しい腰痛が発生している場合はどうしても痛みに耐えられないため、日常的に腰痛ベルトを使用してしまいます。

当然ながらベルトの締め付け度合いで腰がしっかり支えられるので、歩行する際や何か作業をする際にはかなり痛みが軽減されて楽に過ごすことが可能になります。

その反面、頼り過ぎてしまうと腰の筋力が著しく低下してしまうのです。

痛くなくても付けているのが当たり前になってしまい、付けていないと不安を感じるといった時もあるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

また、あまり腰が痛くないにも関わらず、今日は腰痛ベルトをしていないから無理できないといった声もよく聞きますが、あくまで腰痛ベルトは痛みがある時、そして痛みが引いてからの数日間という限定的な使用方法にして、なるべく腰に自然な負荷をかけて筋力の低下を防ぐ必要性があると考えています。

例えば、足を怪我してしまいギブスで過ごしてると、完治後に外した時に上手く歩けなかったり筋力の低下をはっきりと感じるはずです。

いつもと同じ感覚で歩こうとしても、何か違和感を感じたり思うように動かなくてイライラしたりすると思います。

内容は異なりますが、その原理は似たようなものだということになります。

言うまでもありませんが、腰痛ベルトは非常に有効な方法で、それと同時に筋力維持を意識的に行うことでさらに腰痛ベルトの有効性をアップしていくのです。

結論として、腰痛ベルトを使用しつつも腰の筋力低下を防ぐ、この二つをうまく組み合わせながら腰痛とうまく付き合うことが大切だと考えています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です