腰痛には腰周りの筋力が大事?力仕事で腰痛になり…。


今まではデスクワークをしていて、運動とは無縁の生活を送っていました。

そして、次に決まった仕事は力仕事でした。

毎日10キロほどの荷物を運ばなければならず、私の体型はやせ型で筋力も少ないため、懸念事項は沢山ありました。

スポンサードリンク

ぎっくり腰ではありませんが、仕事中にふとした動作で腰を痛めてしまいました。

例えていうならば、腱鞘炎のような痛みでした。

椅子に座るのは腰に負担がかかりますが、いったん椅子に座ってしまい立ち上がると痛みがどんどんひどくなり、歩くのもやっとなくらい激痛が走りました。

これまで腰を痛めた経験がないため対策や治療方法が分からず、その日のうちに整形外科に行くことにしました。

スポンサードリンク

整形外科に行くとすぐに診察を受けました。

診察方法は、前かがみになった体勢と腰を反らした体勢のどちらが痛みがあるかの診察でした。

前かがみは全く痛みがなかったのですが、腰を少し反らすと激痛が走りました。

そして、医師の判断でレントゲンを撮りました。

レントゲンの結果は、骨の隙間も綺麗にあいていて、骨の周りの筋肉が炎症を起こしているとの診察結果でした。

まずは痛みがおさまるまで安静にして、ボルタレンの湿布を貼り、また痛みがおさまったら運動をして腰周りに筋肉をつけることが重要だそうです。

それ以来医師の勧めで、力仕事の時にはコルセットを着けるようにしました。

また、水泳をはじめることにしました。

水の中で歩くのは腰に負担がかからないため良いそうです。

腰を使った力仕事に慣れるためには筋力をアップさせることが大切だと知りました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です