腰痛ベルトは痔にも効くの?骨盤を包むようにきつく巻くと良い?


昔から腰痛がひどく、初めてぎっくり腰を経験したのが高校生の頃でした。

とにかく腰が弱いようで、腰痛の効果のある体操などを行っても次の日には余計に腰が痛くなるという感じでした。

社会人になってからはデスクワークが多かったため、腰痛が悪化し、整骨医院に通って針を打ってもらったり、よく分からない器具を使ったり、マッサージに行ったり、仕事に支障が出ない様にしていました。

スポンサードリンク

23歳の若さで、ぎっくり腰で会社を休んだこともあります。

しかし、そんな腰なのに、腰痛ベルトを使用する事はしませんでした。

服装が常にパンツだったのでベルトができなかったのと、面倒で試す事もしていませんでした。

腰痛という持病を持ちながらも、2回の出産を経験しました。

スポンサードリンク

出産時の腰痛は陣痛の痛さで消されたので全く大丈夫だったのですが、子育てが本当に大変でした。

抱っこによる腰痛がひどく、抱っこも腰に負担をかけないように垂直に抱きかかえていたため、足の負担もかなりありました。

2人目の出産時に、1人目の産科とは違ったので、骨盤のケアとして出産直後から、腰にさらしをきつく巻かれました。

病院からは「できるだけずっと巻いていた方が楽ですよ」と言われたので、まじめに守っていました。

すると、腰の痛みがとっても楽でした。

さらしは面倒なので腰痛ベルトを購入し、きつく骨盤を包むように巻きました。

1人目の時に痔になってしまい、2人目妊娠時もひどかったのですが、徐々に緩和されるのが分かりました。

また腰回りも痩せて、若い時に穿いていたパンツも余裕で穿けるようになりました。

出産前よりも腰痛は確実に軽減して、ぎっくり腰も起こすことはなくなりました。

しかし、腰痛ベルトを忘れてしまうとすぐに痔になるので、気になるとすぐに巻くようにしています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です