ぎっくり腰になり電気治療に通っていました。サポーターも楽になる?


以前、自宅の掃除を中腰で行っていた時に急に腰が固まってしまい、激しい痛みに耐えられずその場に座り込んでしまいました。

すぐに治ると思いそのままにしていたのですが、激痛で動く事ができず、家族に頼み自宅近くの整形外科で診てもらう事にしました。

急に腰が痛くなり訳が分からなかったのですが、ぎっくり腰と診断されてとても驚きました。

スポンサードリンク

ぎっくり腰がこんなに痛いものとは思ってもいなくて、中腰の姿勢を取っているとぎっくり腰になる事があると教えてもらいました。

病院では腰に3本の注射を打ってもらい、注射針がとても大きかったのでびっくりしましたが、注射を打つと固まってしまっていた腰にジワジワと薬が入っていくのが分かり、痛みが楽になっていっているのが実感出来ました。

スポンサードリンク

その日は注射と電気を腰に当ててもらい、しばらく電気を当てに来てくださいと言われました。しばらく電気治療で通っていたのですが症状も良くなり、普段通りの生活を続けていました。

しかし、ある日また腰がジワジワと痛くなってしまい、ぎっくり腰の時と似ていたので再び病院に行く事にしました。

診てもらうとぎっくり腰になっており、以前よりも症状がマシだったのでマッサージと電気を当ててもらい、腰をサポーターで固めてもらいました。

病院に行ったのが早かったのかすぐに症状は和らぎました。

しかし、ぎっくり腰は一度なるとなりやすいと言うので、腰がおかしいなと思った時にはすぐにサポーターで腰を固定するようにしています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です