右足太もも前の痛みが治らずMRIを撮って驚愕。痛みの原因はこれだった


右の足の太ももの前側が痛くて何をするにも億劫、その後右足の脛が痛くなり杖をつかないと歩けなくなり最初は整骨院に通っていました。

ですが良くならず、整形外科に行きレントゲンを撮って診てもらったけど特に何もなく、治療を受けていまたが全く改善が見られませんでした。

そこでネットで調べた所、神経内科で診てもらった方がいい様に書いてあったので受診しました。

スポンサードリンク

神経内科では「MRIを撮りましょう」と言われMRIを撮ったのですが、何故か腰の撮影でした。なんで腰なの?

と疑問を感じていましたが結果が出た時にビックリしました。

なんと椎間板ヘルニアだったんです。

背骨の下部分から骨が飛び出していました。

そこから神経をツンツン刺していたんですね。

スポンサードリンク

結果、原因は腰にありました。

時々腰が痛い事もありましたがそれは歩き過ぎた時や重い物を持った時などでしたのであまり腰痛は気にしていなかったんですが、まさか足が痛かったのに腰のせいだったのです。

今までギックリ腰を3回経験していますがそれが年を重ねて足の痛みが先に来てこうやって隠れている場合もあるんですね。

腰が痛いとただの腰痛と思ってはいけないと思います。

整骨院や整形外科に通っていても改善しない方は椎間板ヘルニアを疑ってみる事も大切だと思います。

それをほおっておいたら片方の足だけではなくまた違う所が痛む場合もあるかと思います。

飛び出た骨が神経を刺している所が増えるかもしれません。

軽い椎間板ヘルニアであればリハビリで良くなっていきます。

これが酷くなると手術をしないといけなくなりますので腰痛もバカにしてはいけません。

早い目にMRIを撮ってそれに合った治療を受ける事です。

違う施術を受けても時間の無駄になります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です