腰痛で吐き気があるときの病院は?整形外科や内科、産婦人科などを考えよう


腰痛を感じたときに医療機関を受診するなら、どの科を選べば良いのか迷いますね。

基本的に、腰痛が主症状である場合には「整形外科」を受診することになるでしょう。

診察の結果、痛みの原因が腰ではなくストレスや内臓の病気である疑いがあれば、専門の医師や別の医療機関を紹介してもらうことになります。

スポンサードリンク

しかし、骨の異常が特になく神経症状もない場合は「腰痛症」として片づけられてしまい、対症療法の痛み止めの薬や湿布、塗り薬のみが処方され、根本的な改善が得られないまま病院通いを続けてしまう場合もあります。

スポンサードリンク

そういった失敗がないように、自分の症状についてはきちんと自分でも把握しておくようにしましょう。

腰痛はレントゲン画像だけでは原因が判断できないものが多いため、まずは腰痛が生じるまでの流れや生活状況を振り返り、自分の体に起きている症状をよく整理してから、医師にきちんと説明しましょう。

腰痛の原因発見には、医師による「問診」が重要なポイントになっています。

もし、吐き気を伴っている場合には、内臓疾患の影響も考えて「内科」の受診が必要でしょう。

排泄機能のチェックが必要であれば「泌尿器科」へ紹介となりますし、胃などの消化器機能が低下していれば「内科・消化器科」で検査・治療をすることになります。

適切な病院で適切な検査を受けてみることが大切です。

女性であれば、妊娠の可能性も考えて、「産婦人科」も頭に入れておく必要があるでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です