腰痛ベルトの値段はピンからキリまで?まずは体に合うものを見つけよう!


腰痛で悩んでいる時、あるいは介護や荷物運びなどの力仕事をしているので予防したいと考えた時、腰痛ベルトの購入を考えるかと思います。

しかし一口に腰痛ベルトといっても、その値段は千円単位のものから万単位のものまでとピンからキリまで幅広く、機能の差や値段によって何が異なるのかなどが分からないと、どれを選ぶべきか迷ってしまうかもしれません。

腰痛ベルトは大きくドラッグストアやスポーツショップなどで市販されているものと、医療機関で処方されるものの二つに分けることが可能ですが、医療用のものの方が価格が高く設定されています。

スポンサードリンク

しかし保険が適用されるので、申請すれば一部返金が見込めることもあるということを覚えておくと良いかもしれません。

スポンサードリンク

一般的には市販の腰痛ベルトを購入するかと思いますので、その際には特に保険の適用はありません。

ドラッグストアなどを覗いてみると、市販品は千円台のものも販売されていますが、気休め程度ならばこれでも良いと思います。

巻いているから大丈夫という安心感も効果的に働くためです。

しかし気持ちの問題だけでなく、もう少ししっかりと予防したいといった場合には、それなりの値段のものを購入することをおすすめします。

安かろう悪かろうでは購入するのがもったいないということもあります。

しかし、値段が安くても自分に合っているものならば、その限りではありません。

選び方としては自分がどの部分をケアしたいかといったことや、ベルトが一段になっているものか二段になっているものか、通気性はどうかなどを見ることが大切です。

それらの自分の条件に当てはまったものの中から選択すれば良いので、値段に関してはあまり考え過ぎないほうが良いかもしれません。

自分の身体を守るためのものなので、時には投資することも大切でしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です