私のヘルニアの治療法は内服とコルセット!手術せずうまく付き合おうと思います


もともと整形外科の看護師である私にとって腰痛は身近なものであり、職業病だし仕方ないと諦めていました。

最初はただ腰が痛いだけでしたが、自分より重い患者さんを持ち上げたり、中腰でのおむつ交換は腰痛をどんどん悪化させていくばかりになってしまいました。

腰が悪くて入院してくる患者さんをたくさん見てきたので、どのような経過を辿るのかは分かりきったことでした。

スポンサードリンク

いつもより少し無理をしてしまったなと思った翌日は、座っていると右足の裏にしびれを感じるようになりました。

最初は気のせいだと思い、認めたくない気持ちが大きかったのですが、足が冷たくて仕方がないというような異常も出てきてしまいました。

スポンサードリンク

こうなってから、自分の科の先生に診察をしてもらいました。

結果はヘルニアでした。

レントゲン、CT、MRIをやり、一発で判明しました。

整形外科の先生というのは、手術に積極的な先生が多い気がします。

私にもヘルニア摘出を勧めてきました。

しかし、私の返事は手術は絶対にしないというものであり、この先も変わることはないと思います。

そうなると治療法は内服とコルセットの装着です。

今でも定期的に受診していますが、毎回検査も薬も同じです。

結局のところ、大元の悪さをしている原因を取り除かないことにはダメなのだと分かっていますが、これからも手術を受ける気にはなれません。

腰痛の具合も改善することもなく、最近では仰向けでくしゃみもできません。

腰骨がずれるのが分かるくらいです。

もしや、すべり症もあるかもしれないなんて自分で考えてしまいます。

手術を勧められたからするのではなく、手術せずともうまく腰痛と付き合っていくというのも一つの選択肢だと考えます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です