腰痛ベルトの仕組みは?正しい姿勢を保つことと着用の安心感を得ること?


腰痛に悩んでいる方が腰痛ベルトを着用することで、「腰が楽になる」ことや「痛みが軽くなる」ことが期待されます。

なぜ腰痛ベルトを着用することで腰が楽になるのかというと、腰痛ベルトを腹部から骨盤に掛けて広い部位を締め付けることで、お腹の中の圧力、腹圧を高める効果がある為です。

腹圧を高めることで、背中・腰が正しい姿勢に保たれることに繋がるのです。

スポンサードリンク

通常、姿勢を保つ為の腹圧を高めている筋肉は、腹筋と背筋です。

これらの筋力が低下してしまうと腹圧が低下してしまい、正しい姿勢を保つことが難しくなってしまうので、腰椎などに負担を掛け、腰痛の原因となってしまうのです。

腰痛ベルトを正しく締め付けることで、腹圧を高めることが出来ます。

腰痛ベルトが弱くなった腹筋や背筋をサポートしてくれるのです。

スポンサードリンク

そのお陰で、腰痛ベルトを締め付けることで正しい姿勢を保つことが出来て、体を動かすことが楽になる訳です。

また、精神的にも「腰痛ベルトを着用しているから」という安心感が得られることも否めません。

一度ぎっくり腰の痛みを味わってしまった方は、「二度と同じ痛みを経験したくない」と腰に力を入れるような姿勢に恐怖感すら覚えるもので、更に腰周辺の筋肉に緊張感を与えてしまいます。

ぎっくり腰の再発が怖く、腰の回りの筋肉が緊張により固くなると、新たな腰痛になりやすいという悪いサイクルへ繋がりかねません。

そのメンタル面での安心感の為に、腰痛ベルトを着用することも良い効果が得られる一つです。

また、痛みの恐怖を感じさせずに体を動かすことで、体全体の筋肉がリラックスして柔らかくなる効果があるので、腰痛自体が軽減していくことが期待出来るのです。

腰痛ベルトの仕組みとしては、締め付けることで腹圧を高めてくれ、正しい姿勢を保ち腰椎への負担を軽減させてくれる効果と、着用していることでの精神的安心感から筋肉を柔らかくしてくれるという、大きく2つの効果から腰痛を軽減させてくれるものといえます。

腰痛に悩んでいる方には、是非オススメしたいです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です