腰痛ベルトで楽になる仕組みは?下腹部が圧迫され腹圧が上昇し体が安定する?


腰痛に悩まされている方にとって、腰痛ベルトという存在は基本中の基本なのではないかと思います。

そんな腰痛ベルトですが、付けていれば楽という認識のみで、実際にどのような仕組みで腰に作用してるのか分からないという方もきっといることでしょう。

腰痛ベルトは、腰に巻くことによって下腹部が圧迫されます。

スポンサードリンク

それによって腹圧が上昇し、体の中から支えられるようになり、体が安定するという仕組みです。

体に一本支柱が立ったような感覚です。

また、お腹だけに負荷が掛かると体が反ってしまうこともあるため、腰の方も固定することによってまっすぐ立つことが可能になるという面も持ち合わせています。

健康な状態でも姿勢よくまっすぐ立つ、あるいは座ろうとすると腹筋が必要になるというのが分かると思います。

スポンサードリンク

その状態をサポートしているというわけです。

腰痛ベルトにも様々な種類がありますが、店頭で購入できるものの多くは、ゴム素材が用いられているものだと思います。

これは伸縮性が良く、程よく体にフィットすることからあまり固定する力は強くないので、手軽に使用できるといえるでしょう。

ゴム状の素材のベルトを腰に巻き、マジックテープで固定するものが一般的です。

一重のものもあれば二重になっているものもあり、二重のものの方がより固定力が高くなっています。

腰痛ベルトは簡易コルセットや骨盤ベルトといったものに分けられ、医療機関で処方してもらうことも可能です。

また、医療用として用いられている軟性コルセットと硬性コルセットいうものもあり、こちらはオーダーメイドで作成されるために高価なものとなっています。

仕組みは一緒なので、症状によって固定力の高さを使い分ける必要があるということでしょう。

気になる方は一度診察を受けてみのも良いかもしれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です