腰痛のときに出血が起こったら女性特有の病気かも?子宮がんの初期症状や子宮内膜症の可能性があるので病院に行こう

20150827
しつこい腰痛はうっとうしいものですが、もし腰痛があるときに不正出血が起こったらどうすればいいのでしょうか?

結論からいえば、危険な病気が潜んでいる可能性があるので、一刻も早く病院に行ってお医者さんに診てもらってください。

では、どういう病気が隠れているのでしょうか。

スポンサードリンク

一番恐ろしいのは、子宮や卵巣の腫瘍です。

筋腫のような良性なら良いのですが、がんのような悪性は放っておいては命に関わります。

特に不正出血は子宮がんの比較的初期の症状でもあります。

この時期に発見して治療するかどうかで、予後も大きく変わってきます。

子宮がんは更年期以降の方に多い病気なので、もしあなたが更年期に入っているようならすぐにでも診察を受けるべきです。

スポンサードリンク

放っておいては命に関わります。

他に考えられるのは、子宮内膜症です。

これは子宮内膜が子宮以外のところにできてしまう病気で、不正出血と腰痛が主な症状です。

こちらも卵巣のチョコレート嚢腫の原因になりますし、放置すればがん化する可能性もあります。

早目にお医者さんに診てもらうべきです。

腰痛と不正出血が同時に起きるケースとしては、更年期障害によるホルモンバランスの崩れが原因になることもあります。

たかが更年期障害と思われる人もいるかもしれませんが、それ以外にも色々な症状がありますし、基本的に婦人科を受診しなければならないことに変わりはありません。

いずれにしても、まずは病院に行きましょう。

そして、「たかが腰痛」「たかが不正出血」と侮らないことです。

もし、がんのような病気を放置してしまい、手遅れになってしまっては悔やんでも悔やみきれません。

おかしいなと思ったらすぐに病院に行くぐらいの心構えを持っておくことが、健康的に生きる秘訣なのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です