太ることが原因で腰痛に?筋力を付けて定期的なメンテナンスを。


何となく腰が痛いのを見て見ぬフリをしていたある日、朝ベッドから起きられないくらいの激痛が。

とりあえず身体の回転を利用して起きたもののあまりの痛さに歩けないし、お恥ずかしい話トイレもままならない状態でした。

とりあえず近所の整形外科を受診して、レントゲンと触診をしました。

スポンサードリンク

レントゲンでは骨に異常は無く、恐らく原因は『急激に太ったから』とのことでした。

実はこの1年間で15キロほど体重が増加していて、腰に負担がかかり支えられなくなっていたようです。

整形外科では筋肉の緊張を和らげる薬と消炎鎮痛剤を処方してもらい、更に腰痛ベルトをその場で巻いてもらいました。

スポンサードリンク

腰痛ベルトのお陰で痛みが少し緩和していくらか歩ける様にはなったものの、とてもじゃないけど生活に支障があるのでそのまま整骨院へ行きました。

こちらの先生は以前からお世話になっていた先生なので、急遽お灸と鍼の治療をしてもらいました。

治療直後には劇的な変化はありませんでしたが、翌日起きると痛みが6割くらいに減ってかなり楽になっていました。

その後もお灸と鍼の治療に5日ほど通い、痛みはなくなりました。

しかし腰痛の原因の激太りは未だに改善されていないので、普段より多く歩いたり不自然な寝方や長時間座っていたりすると、フツフツと腰の奥に痛みを感じます。

これからは定期的に身体のメンテナンスをすることと、長期的に身体に負担がかからない様にダイエットや軽めの運動をして、筋力を付けることが大切だなと思っています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です