椎間板ヘルニアと初診で診断されなかった。しっかり検査してもらうには?


高校生の時にソフトボール部に所属し、毎日練習に勤しんでいました。

しかし、2年の春頃から左の太ももが痛くなり、夏前には腰の左部分にも痛みがありました。

1週間に1回ほど、歩いたり座ったりしている際に左太ももと腰に激痛が走るようになった為、地元の整形外科が入っているクリニックに行きました。

スポンサードリンク

レントゲンを撮り、初診は「肉離れ」との診断を受けました。

1~2週間ほど部活を休んで安静にしていれば治るとの話だった為、その通りにしました。

しかし休んでも事態は良くならず、逆に痛みと共に痺れも出始めて悪化するのみでした。

再度同じクリニックに行ったところ、結果は同じ診断であり、もう少し安静にして下さいとのことでした。

それでもやはり痛みは良くならず、1日に1回は激痛が走るほどに悪化していきました。

スポンサードリンク

さすがに母親も心配し、一緒に診察へついてきて来てくれたところ、お医者さんがより丁寧に調べてくれ、診断結果は「腰の神経に異常がある可能性があるので、総合病院ですぐに詳しい検査をして下さい」とのことでした。

翌日、総合病院で精密検査をしたところ「椎間板ヘルニア」と診断されました。

あるべきでないところに骨が飛び出ており、それが腰の神経を刺激して激痛が起こるとのことでした。

普通なら薬で治療できるとのことでしたが、骨の出方が複雑であった為、1ヶ月後に手術することになってしまいました。

1週間の入院、そして手術も無事成功し、痛みもほぼなくなりましたが、「10~20年後までは寒い日や体調不良の日は痛みが出ることがあるから気を付けて下さい」と言われました。

アドバイスとしては、初診の判断は違うことがあるので、少しでも悪化したらすぐに大きな病院で精密検査を受けることをおすすめします。

またお医者さんにもよりますが、学生など若い方は私のように適当に診断されることがあるかもしれないので、両親など大人の方と診察に行った方が良いと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です