腰痛ベルトを使う時に注意することは?腰痛を和らげる為に着用しましょう


腰痛をお持ちの方の多くは、腰を中心とした体の動きによって痛みが生じるものだといわれています。

腰痛ベルトを用いて腰の動き制限したりサポートしてあげることで、腰痛を和らげる効果が得られます。

腰痛ベルトを正しく着用することで、服腔圧を高め体の外からも中からも腰を支えることで、痛みが和らぐものだといわれているのです。

スポンサードリンク

しかし注意しておかなければならない点は、腰痛ベルトは痛みを和らげてくれたり、ぎっくり腰などを予防してくれる効果はありますが、腰痛を治療する効果はありません。

別に治療を重ねる間のサポートとして着用するのが正しい考え方だと思った方が良いと思います。

腰痛ベルトを使用するときの注意点を考える場合、腰痛ベルトを着用した際のデメリットを中心に考えるのが良いです。

最も注意しなければならないことは、前記した通り、腰痛の根本原因の解決にはなっていない状況を認識しておく必要があるということです。

腰痛ベルトは痛みを和らげたり予防する効果を期待するものであって、原因を解決するものではないということです。

腰痛の原因をしっかりと治療・解決しなければ、腰痛ベルトを外した時の違和感は拭えません。

逆に、腰痛ベルトを四六時中着用しなくてはならない状態というのは、腰を支える筋肉の低下にも繋がることになるので、状況は益々悪化することに繋がりかねません。

スポンサードリンク

腰痛ベルトは、正しい装着の仕方をしなければ効果が薄くなってしまいます。

慣れないうちは時間も掛かってしまうものですが、ここが一番肝心なところなので、時間が掛かったり、1日に何度も装着し直す必要がある場合にも、正しい位置・正しい圧力で装着することを心掛ける必要があります。

また注意しておかなければならない点として、購入した直後はしっかりした物のように思える腰痛ベルトも、実際は日々消耗し続けます。

マジックテープの粘着力が落ちてきて緩むようになってきたり、素材そのものが伸びてきてしまったりするなどが見られた場合には、買い替えを検討する必要があります。

繰り返す形になりますが、腰痛を和らげたり、ぎっくり腰の予防などの効果が期待される腰痛ベルトは、腰痛を治療してくれる物ではないということを認識しておく必要があります。

腰痛の元となる原因に対しての治療を行わなければ、腰痛ベルトを外すことが出来なくなり、最悪は腰痛を悪化させてしまうものであるということを、強く認識しておく必要があります。

痛みの緩和やぎっくり腰の予防などの効果があるといわれている腰痛ベルトですが、腰痛を治療するものではありません。

腰痛ベルトでサポートをしている間に、根本的な治療をすることが必要になります。

治療を行わなければ、腰痛ベルトに頼る生活になったり、最悪の場合には腰痛を悪化させてしまうこともあるので、注意が必要であることを強く認識しておくべきと思います。

腰痛ベルトで腰をサポートしながら、原因を解決する治療を受け、最終的には腰痛ベルトが要らなくなる生活を取り戻せるのがベストだと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です