腰痛ベルトは接骨院などを受診した上でスギ薬局などで購入するのが良い?


椎間板ヘルニアなどで慢性的な腰痛にお悩みの方がスギ薬局などのドラッグストアで腰痛ベルトを購入して、何とか痛みを和らげたいということも多々あることだと思います。

しかし認識として持っておいた方が良いというのは、腰痛ベルトは腰痛を治療するものではないということです。

あくまでも、腰を中心とした体の動きを制限することで、腰に痛みが出る動きの範囲や姿勢とならないようにサポートするものだと思って頂ければ良いと思います。

スポンサードリンク

決して、椎間板ヘルニアは腰痛ベルトを着用しても治りません。

「痛みが和らぐ」程度に思ってもらえたら良いと思います。

でも、椎間板ヘルニアなどで慢性的な腰痛をお持ちの方や、一度ぎっくり腰を経験していて再発を防ぎたい方などには、1本持っておいた方が良いのが腰痛ベルトだとも言えます。

市販されている腰痛ベルトを1本持っておいて、必要に応じて着用出来るように準備しておくのも、椎間板ヘルニアなどの腰痛でお悩みの方にとっては、いざという時に安心感もあり必ず役に立つことだと思います。

スポンサードリンク

スギ薬局などのドラッグストアに行って、サポーターコーナーを覗くと分かりますが、腰痛ベルトも様々な物が並んでいます。

腰痛にも原因によって色々な症状が現れる為です。

数百円~数千円のお値段の違いがあっても、ご自身の腰痛の原因に対応出来る腰痛ベルトを選ばれるべきだと思います。

またスギ薬局などで腰痛ベルトを購入する場合には、腰痛の原因が椎間板ヘルニアによるものと、他の腰部脊柱管狭窄症などでは腰を中心とすることは同じでも、サポートする範囲などが異なるケースが多いので、出来れば薬剤師さんなどにご相談され、アドバイスを受けるのが宜しいかと思います。

しかし、薬剤師さんの中にも、腰痛に関しては専門外の方も多いと思われるので、可能であれば接骨院などを受診された上でオススメの腰痛ベルトなどを教えてもらい、スギ薬局などで購入されるのが良いかもしれません。

脊椎・腰椎を正しい姿勢に保つのが楽なケースと、それを保つことで痛みを生じてしまうケースとでは、サポートする部位・幅などが大きく異なってくる為です。

「出来る限り」とはなりますが、腰痛ベルトはお値段ではなく、腰痛の原因に応じた物を選ぶべきだということを認識しておけばと大丈夫だと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です