腰痛は癌の症状かもしれない?すい臓ガンや胃腸系のガンは腰痛を伴うことが多いそうです

20150912
あなたは腰痛を持っていますか?

腰の痛みはとても辛いものですよね。

この辛い腰の痛みは、経験した人のみが理解できる痛みだと思います。

スポンサードリンク

力仕事が多い人や屈み作業が多い人は、腰痛に悩むことが多いようです。

もともと腰痛は、腰に負担が掛かり過ぎるときに腰周辺の筋肉が悲鳴を起こしているという現象だといえます。

筋肉は年齢とともに減少・低下していくので、腰痛も老化現象の一つであるという人もいらっしゃいます。

現在、腰痛に苦しんでいる人も若い頃は腰痛なんて気にしたことはなかったのではないでしょうか。

しつこい腰痛は自身のストレスや体調・気象とも関係しています。

スポンサードリンク

ストレスが多いためにぎっくり腰を繰り返す人もいるくらいですからね。

このような人は日常生活が問題になります。

睡眠も栄養も年をとるほどに快適・健全・バランス良くということが合言葉です。

ある程度の年齢になると医療機関を受診してもどうせ「年だから」と言われるだけだからといってそのままにしていませんか?

この「腰痛」には恐ろしい病気が潜んでいることがあるのを知っていますか?

それはずばり、ガンの可能性があるのです。

ガン患者のなかには必ずといっていいほど「腰痛があったので整形外科で検査をした」という声があることを聞いたことはありますか?

代表的なのは、すい臓ガンです。

他にも胃腸系のガンは腰痛を伴うことが多いようです。

腰痛イコールすい臓ガンというイメージは、すい臓ガンが発見に手間取るからです。

腹部のエコー検査を受けても、すい臓は捉える事が難しいのです。

しつこい腰痛持ちの方は、年だから…なんてあきらめないで、ガンの可能性もあるということを頭に入れておくのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です